「店舗仕入れ、ネット仕入れ」どちらが良い?

Amazon

 

 

こんにちは、YOSHIです。

せどりには大きく分けて2つの仕入れ方があります。

メリット、デメリットを解説していきますので初心者の方のビジネスのお役に立てれば幸いです。

「店舗せどり」

 

 

・メリット

 

リサイクルショップ、家電量販店、コストコ、ドンキホーテ、ホームセンターなど、直接店舗に出向きリサーチをして利益の出る商品を仕入れる方法です。

メリット

・直接手にとってコンディションを確認出来る。

ネットのフリマサイトですと思ったものより状態が悪かったなどのリスクがありますが店舗ですと心配無用です。

 

 

・値下げ交渉がし易い

数を多く購入や売れ残り品だからと、店舗によっては大幅に値引きしてもらえたりします。

 

 

・1つ見つければ、店舗にある在庫をまとめて仕入れることができる。

これは一番のメリットですね。交渉と合わせて行なうと良いです。

 

 

・デメリット

 

・恥ずかしい

リサーチには沢山の商品を見ていく必要があります。

がら空きの店舗ならいいですが、普通のお客さんがいる中で型番を検索したりしていると怪しい目で見られたりする可能性もあります。

また、大量に同じものを購入する際にも同じく目線が気になります。

 

 

・移動時間はお金にならない。交通費もかかる。

その通りです。また遥々出向いて利益商品が見つからないとメンタル的にもキツイです。

 

 

・体力的にキツイ

商品を運ぶのも、一苦労です。量を買った時は本当に肉体労働になります。

 

 

・仕入れ可能なエリアが決まってしまう

店舗にはキリがあります。他県まで遠征することにもなります。

 

 

・店舗には営業時間がある

副業の方はまず厳しいです。セールにも合わせたりも難しいでしょう。

 

 

・ライバルが多い

同業者がきた後には、探しづらくなります。

目立つ店舗は、それだけ競争率も高くなります。

 

 

 

「電脳せどり」ネット仕入れ

 

 

メリット

 

・24時間365日仕入れができる

ネットが繋がれば、どこでも仕入れが出来ます。深夜、外出先、海外でも可能です。

 

 

・時給で考えると非常に効率が良く、利益率も高い

空いた時間を使うことができるので無駄がなく、利益率は店舗仕入れよりも高くなる傾向があります。

 

 

・自宅で完結できる。

ネットで購入するので、受け取りも発送も自宅で行えます。

 

 

・仕入れに体力を使わない

基本的にクリックするだけなので体力的に、とても楽である。

 

 

・全国から仕入れられる。

近くに店舗がない人、車がない人でも仕入れ可能。

 

 

・精神的に楽

周りからの目線もないですし、在宅ワークになるのでマイペースに自由に出来る。

 

 

 

デメリット

・送料がかかる

送料が別途かかる場合は計算して仕入れする必要がある。

 

 

・商品のコンディションが届くまで、わからない。

写真で確認は取れますが、思ったコンディションではない事もあるので届いてからの確認が必要。

 

 

 

まとめて見ましたが、電脳仕入れの方がメリットが大きいですね。

外注化したり効率的に考えると電脳がやり易いですが、店舗仕入れも並行してやることが出来ればより仕入れの幅が広がりますので自分のライフスタイルにあった仕入れをすのがオススメです。