革靴転売をやってみよう

Amazon

せどりのおいしいジャンル「革靴転売」のやり方

せどりをするなら、「おいしいジャンル」も狙うべき

電脳せどり、店舗せどりなど、せどりで売る商品を仕入れる方法はいくつもあり、扱える商品ジャンルも多岐に渡ります。

せどりをはじめたばかりの方は、自分が得意な(よく知っている)ジャンルの商品から始めるのが鉄則ですが、少し慣れてきたら意外と稼げる「おいしいジャンル」の商品に手を広げることで、収益の幅を広げることが出来ます。

今回ご紹介するのは「革靴」。

意外にも稼げる「おいしいジャンル」の商品なのです。

革靴転売の基本的な流れと仕入れのポイント

中古アパレルショップやリサイクルショップなどで商品を仕入れ、ヤフオクやメルカリを通じて売る、というのが革靴転売の基本パターンとなります。

意識しないとあまり目に留まらないと思いますが、例えばセカンドストリートなどのアパレルを中心に扱うリサイクルショップなどに行くと、革靴を見る機会はそれなりにあります。

そのような売り場に行くと、どれも同じようなものに見えるかもしれませんが、革靴は決して安くない買い物であるため、基礎構造や素材がしっかりとしているかどうかといった「商品への信用」がとても大切になってきます。

商品への信頼という意味で言えば、ブランド選びがひとつのポイント。

REGAL」「ALDEEN」「Church」といった有名ブランドは信頼性が高いため、売れやすいです。

よって革靴を仕入れるときは、有名なブランドのものを仕入れるのが鉄則だと言えます。

革靴転売に欠かせない「リペア作業」

仕入れた革靴をより高く売るためには、「リペア作業」が欠かせません。

というのも、革靴は状態による値段の高低が激しいからです。

しっかりとした修理作業をしたものとそうでないものでは、かなりの価格差がついてしまうことがあります。

そのため革靴転売をするにあたっては、まずは革靴のリペア作業を行わなければなりません。

ただし職人さんが行うような、皮を縫い付けたり、破れた靴底を直したりといった専門的な作業をする必要はありません。

要は見た目を修理して、きれいにさえすればいいのです。

革靴のリペア作業のポイントは、「磨き」と「光沢つけ」です。

まずは革靴の汚れをさっと落とし、今度はワックスを薄く塗りつけましょう。

この時点では、若干ワックスのべたつきが残っていても問題ありません。

次に、ブラシの先端をほんの少しだけ水で濡らし、べたつきがなくなるまで革靴を擦ってください。

べたつきがなくなったら、繊維の細かい布にワックスを少量たらし、磨きましょう。

仕上げに、女性用ストッキングといった目の細かい布でこすり上げてください。

あまり力を入れすぎると光沢が落ちてしまうので、軽くこするのがコツです。

逆に言うと仕入れの段階で、このようなリペア作業で修復可能なものを見極めることが大切です。

破れや大型の傷がついてしまっているようなものの仕入れは避けましょう。

まとめ

革靴転売には「リペア作業」というひと手間をかける必要があるわけですが、逆にこれが参入障壁となり、ライバルが少なくなります。

その分売れやすくなるわけなので、ぜひ革靴転売にも挑戦してみてください。