AmazonのFBAで売れた商品を確認する方法

 

 

 

AmazonFBAでどの商品が売れたのか確認するには?

商品発送に伴う作業を代行してくれる「FBA」

 

 

Amazonでの転売業務をしている中には、「FBA」を使っているという方も少なくないでしょう。

 

 

FBA」とは、商品の仕入れ→Amazonへの商品登録→購入者の注文→料金支払い確認後の商品発送という、販売に関わる一連の手続きのうち、商品の注文を受けてから購入者に届くまでの業務をAmazonが代行してくれるサービスです。

 

このFBAは一度設定をすると商品の発送を自動で行ってくれますので、作業の効率化にはとても便利です。

 

ただこのFBAも、商売を行う上でひとつ欠点があります。

 

それは、売れた商品が確認できないという点です。

売れた商品が確認できないデメリットとは?

  1. 在庫切れに気づけない

 

ネットであれリアルであれ、売る商品の管理をすることは基本の作業となります。

 

自分で登録した商品のうち、何が売れたのかがわからないというのは、この基本作業ができないということにつながります。

 

特によく売れている商品であれば、いつのまにか在庫切れになっていたりすると、せっかく売れたはずの機会(販売機会)の損失につながり、ビジネスを行う上で致命的な問題になってしまいます。

 

  1. 低い値付けのまま販売してしまうことがある

 

 

中古品や嗜好品など、テレビやネットニュースで紹介されるといった突発な事象によって、価格が急激に高騰した場合、登録した時点での安い値段で販売してしまいます。

 

やはり売れる機会があればできるだけ高い価格で売るのは、収益拡大には必要なことです。

 

  1. 売れた手ごたえが薄く、モチベーションが維持できない

 

 

言うまでもなく、Amazonを使った通販であっても商売であることに変わりはありません。

 

 

商売は生き物ですので、状況は日々変化し、その変化に対応していくことは醍醐味でもあります。そういった手ごたえもなく自動で物事が進行することは、楽な反面モチベーションが低下する可能性があります。

 

FBAで売れた商品を確認する方法

 

 

Amazonのセラーセントラルを使うことで、FBAで売れた商品を確認することができます。

 

セラーセントラルにアクセスをすると、当日の売上高と、売れた商品数が表示されています。

 

さらに「何が」「どれくらい」売れたのか確認するには、以下手順で行います。

 

1. セラーセントラル上方にあるタブから、「注文」→「注文管理」を押す。

2, 「注文のステータス」を「保留中」→「過去14日間」の条件に変えて検索。

 

これで、まだ注文が確定していない商品、(売れてはいるが、まだ入金されていない商品)が表示されます。

 

万一売れた商品の単価がわからなくなってしまった時は、注文番号をクリックすることで単価をかくにんすることができるようになります。

 

できれば同様の商品を検索し、今の値段が適切なのかという点も確認しておくことをおすすめします。

 

入金された商品について確認をする場合は、「注文のステータス」を「すべての注文」「過去14日間」に変えることで表示されます。

 

入金済みの商品についても、出来る限り現在取引されている金額を確認し、適切な値段調整も行うのがおすすめです。

 

こういった確認を、できれば11回は行うようにして、商売のチャンスを逃さないようにしましょう。