FBA、危険物の販売について

Amazon

 

アマゾンFBAで危険物の転売・せどりをするための申請・納品方法をご紹介

 

 

危険物」に分類されるアイテムをアマゾンで購入することができます。

 

薬物や重火器などの「いかにも」なものはもちろん危険物に区分されますが、リスクがそれほど高くない危険物も存在しています。

 

 

実際、私達一般人が日常的に使うようなものの中にも「危険物」があります。

 

そして、アマゾンFBAにおいてその危険物の転売をすることが可能です。

 

しかし、危険物についてきちんと知らないままにせどりを行うと、大変なことになってしまう恐れが。

 

そこで今回は、アマゾンで転売をする前に

知っておくべき「危険物」についての基礎知識と、危険物を扱う手順などを紹介していきます。

 

 

●アマゾンでは何が「危険物」に分類されるのか|転売・せどりの基礎知識

 

 

国際航空運送協会が危険物と定めているもの」が、そのままアマゾンにおいても危険物として扱われることになります。

主に、

・まぜるな危険

・危険

・限定量

・有毒

・環境に有害

・有害性

・刺激性

・可燃性

・腐食性

などと記載されているものが危険物に分類されます。

具体的に言うと、「ガスを圧縮したもの」「スプレー缶」「250℃未満で発火する恐れがあるもの」などですね。

ですから、「人体にとって有害なものとは言えないような危険物」も存在するということです。

 

例えば、トイレ用の洗剤など、日常的に使っているものの中にも「危険物」に区分されるものが少なくありません。

 

また、アルコール(エタノール等)が含まれる薬も基本的に「危険物」であるとみなされます。

 

日頃から利用しているのに危険物だなんて……」と驚いたのではないでしょうか。

 

「危険物」に分類される商品をFBA倉庫に入れてしまうと、厳しい注意勧告を受ける恐れがあります。もちろんケース次第ではアカウントを剥奪されて、アマゾンでの転売ができなくなってしまうかもしれません。

 

ですから、「これは危険物なのか否か」ということをきちんと確認してから、そのアイテムを扱うようにしてください。

 

しかし、逐一アマゾンに「これは危険物でしょうか?」と聞くわけにはいきませんよね。

 

 

品物が危険物に分類されるかチェックするには?せどりの前に確認しましょう

 

 

能率よく転売やせどりをするためにも、「品物が危険物に分類されるか否か」をスムーズに確認したいところです。

そこでおすすめなのが、「アマゾンセラー(AmazonSeller」というスマートフォンアプリ。

アプリケーションを立ち上げると、アイテムの登録ページが出ます。

そこで、せどりのために購入したいと考えているアイテムを検索してください。

Amazonにおいて危険物に分類されるアイテム」の場合、そのアイテムの詳細ページの右の部分に、「斜めに赤い線がついた矢印マーク」がついています。

ですから、とても容易に危険物かどうかを見分けることが可能です。

マークがついていないアイテムは危険物ではありませんから、安心して仕入れてください。

 

 

アマゾンFBAで危険物の転売をするための手順

 

 

アマゾンFBAで危険物を販売することができます。

 

まず、大口出品者登録が済んでいないのであれば、手続きをしてください

 

これをしておかないと、危険物をアマゾンで売ることはできません。

 

大口出品者登録を行ったら、

https://amazonjp.asia.qualtrics.com/jfe/form/SV_aW4uUATU1wdk2W1

URLにアクセスして、画面の指示にしたがって手続きを進めましょう。

 

 

それが完了したら、7日前後待ちましょう。

 

承諾されたら、そこからは危険物を転売することが可能となります。

 

ですが、危険物を納品するときならではの規則があるので絶対に破らないでください。

 

 

規則は3つあります。

 

 

1:危険物ラベルを貼る

 

「危険物在中」のラベルをA5~サイズの紙に貼ります。

こうすることで、FBA倉庫のスタッフが危険物入りの箱を見分けやすくなります。

先ほどのURLからラベルをダウンロードすることができます。

 

 

2:混合在庫は禁止

 

商品ラベルを、全部のアイテムに一枚ずつ貼らなくてはなりません。

普通のアイテムを扱う感覚で混合在庫ラベルを使うことはできません。

 

 

3:標準or小型しか納品できない

 

標準or小型サイズのもの以外は納品できないので覚えておきましょう。

一般的なアイテムであれば、一つのダンボールに複数のアイテムを入れることもあるかもしれませんが、危険物を通常アイテムと同じ箱に入れることは禁止されています。

 

 

●アマゾンFBAで危険物の転売をするときに気を付けるべきこと

 

 

 

 

 

きちんと登録して、品物の取り扱い方法を守れば、危険物の転売をアマゾンで行うことができます。そこまでハードルが高いわけではありません。

ですが、アマゾンのルール上、扱うことが禁じられている危険物も存在するので気を付けてください。

まず、火器類・爆発物は全部納品厳禁です。

パーティー用のクラッカーや花火など、比較的身近なものもアマゾンで転売することはできません。

 

また、「非常に危険である」と広く認識されているものも扱うことが不可能となっています。

 

主に放射性物質や毒物(劇薬)などがこれに該当します。

 

アマゾンのヘルプページに詳しいことが載っているので、一度は目を通しておきましょう。

 

これらの危険物を納品すると、アカウントが剥奪されてもおかしくありません。

 

なぜなら「危険物納品」はアマゾンにおいては、出品した人物が責任を負うことになるからです。アマゾン側が責任を取ってくれるわけではありません。

 

手続きを済ませて危険物の転売が可能になってからでも、

 

「この危険物はアマゾンでは納品禁止ではないだろうか」

 

と、一つ一つ丁寧に確認しましょう。

 

特に危険性が高いという印象の薄い薬品(エタノールなど)、発煙筒、爆竹、花火などは、実店舗で簡単に購入できますよね。

 

そのため、アマゾンでも転売できると思い込んでしまいがちなので注意してください。

 

また、「引火性液体」の納品先は一律ですので覚えておきましょう。

 

 

●最後に

 

ここまで「アマゾンにおける危険物」について紹介しました。

 

「危険物」に分類されるものの中にも、アマゾンで転売可能なものもあれば、そうでないものも存在します。

 

まずは、自分が転売しようとしているものがどちらに当てはまるのかを絶対にチェックしてください。

 

ただ、危険物の転売をしようとする人は少ないです。

 

やはり、「危険物」という響きから避ける人が多いのでしょう。

 

しかし「生活に欠かせない危険物」もあるため、常にニーズが絶えないとも言えます。

 

ですから、きちんと戦略を練りつつ危険物の販売をすれば効率よく利益を出すことができるはずです。

 

危険物の取扱登録をして、転売に挑戦してみてはいかがでしょうか。